wisata kuliner, 経済

 

Thejakartapost

New Year celebration leaves behind 225 tons of garbage

ジャカルタ新聞
新年を皆で祝おう 目抜き通りやアンチョール 州政府がイベント企画

テーマは「私たちは皆、兄弟」で、3億4千万ルピアをかけ、花火や音楽ライブなどで新年を迎える。

225トンのゴミって凄いですね、2年前はsudirman通りのホテルを取ったのですがビンタンはどこにも行かなくなってしまいました。

ホテルインドネシアKempinskiのプールのフロアは無料で入場できて、バーからメインの噴水を見下ろせるのでカウントダウンで集まった人たちが賑わっているのをビールを飲みながら眺め、花火も綺麗に見れるのでとてもお勧めです。

 

お笑い, 流行, 経済

 

ビンタンがいつもチェックしている日本配信でジャカルタ48の最新情報を発信しているマイブーム調査室に卒業公演がUPされていました。

JKT48,2016年の節目、遥香最終公演(涙)

2016年12月30日、JKT48劇場では、仲川遥香の最終公演が開演。
公演は、旧チームTメンバー(GEN3)による『手をつなぎながら』と現チームJによる『BELIEVE Show』…この2本の劇場公演を持って、仲川遥香48グループの活動は終焉となる。

この公演で日本の会社とも契約解除のようですね


インドネシアではkitasという就業許可を得ないといけないので、仲川遥香ちゃんが次に所属する会社が気になりますね、今まで通りジャカルタJKT48とも仕事をするのでしたら日系の会社に所属するはずなので、現在多言語を話せるタレントを探しているアミューズになるという選択肢もありますし、とても気になります。

Haruka Nakagawa @Haruka_NKGW10

※twitterアカウントはそのまま継続なので日本の会社との契約が切れただけでインドネシアとの契約をそのまま続けるということみたいです。

 

写真のお花PT.Yoshimoto Creative Indonesia

Hiroaki Kato

Y-Boyz

Shojo Complex

「ザ・スリー」が所属するのがY-Boyzなのですが、Shojo Complexというアイドルグループがジャカルタで存在しています。

吉本興業、電通、ドワンゴ、ソニーミュージック、イオンモールなどなど7社出資による『MCIPホールディングス』が行うクールジャパンビジネスを背景に誕生したアイドルグループで、クールジャパン機構から10億ほど出資を受けて、展開している事業の中の一つです。

活動が不定期でビンタンはあまり把握していないのですが、イオンモールで日本の駄菓子やお土産などを販売する『カワイアンカフェ』の連動企画として始めた『カワイアン・アイドル・プロジェクト』の第一弾で誕生したグループです。

お笑い, 流行

なんと、ビンタンのTwitterにCOWCOW 多田健二さんが「いいね」してくれました、本日はちょうど住みます芸人さんのニコ生ライブをやっていたので見ていたのですが、

目指せアジアの星!アジア&47住みますサミット+未来のアジアのスター芸人発掘オーディション

で、すゑひろがりずさんがジャカルタに来ることが決定しました。(^ω^)

 

すゑひろがりず (お笑いコンビ) – Wikipedia

名前:三島達矢(みしま たつや)
担当:ボケ
生年月日:1982年10月2日
年齢:33歳
出身地:大阪府大阪市
血液型:O型
趣味:浮世絵鑑賞
特技:津軽三味線

名前:南條庄祐(なんじょう しょうすけ)

担当:ツッコミ
生年月日:1982年6月3日
年齢:34歳
出身地:大阪府堺市
血液型:A型
趣味:寺や神社巡り 草野球
特技:小鼓 ヌンチャク インドネシア語

  • 2013年 歌ネタ王決定戦2013 準決勝進出
  • 2014年 キングオブコント2014 準決勝進出
  • 2014年 歌ネタ王決定戦2014 準決勝進出
  • 2015年 キングオブコント2015 準決勝進出
  • 2016年 歌ネタ王決定戦2016 準決勝進出
  • 2016年 M-1グランプリ2016 準々決勝進出

なんとWikipediaに既に掲載されていて、全て準決勝進出、南條さんはインドネシア語を専攻されていて、以前のコンビ名は「みなみのしま」、これはジャカルタのことじゃないでしょうか?

芸風もインドネシアの人たちが喜びそうで

・雅⇒MIYABI

・ヤヤヤ⇒iya iya iya

今年は特に「PPAP 」「om telolet om」などapa itu? 何それ?

というのがとても流行して、アニメ、ゲーム、日本の伝統芸能と海外の人が大好きなんですね、すゑひろがりずさんの活躍は非常に楽しみです。

以前の芸名はパイナポー南條、ライチ三島で小鼓はアマゾンで8万円で購入されたそうです。

すゑひろがりずさんのネタは”能”や”狂言”といった日本の伝統芸能の中に、ゲームやアニメといったものを入れていくもので能楽や仕舞と同様の袴姿で登場し、ダンスダンスレボリューションにかけて『演武演武レボリューション』やアンパンマン、アルプスの少女ハイジ、スーパーマリオブラザーズというものの能を披露したりするというスタイルです。

ビンタンは新宿のロボットレストランのような印象をうけました、ロボットレストランは海外の人にとても人気なので、これはジャカルタでの反応がとても楽しみです。

 

お笑い, 流行

今年はインドネシアのテレビに日本の吉本興業の芸人さんが出演するようになりました、

以前からCOWCOWさんのネタ、インドネシアバージョンの「あたりまえ体操」で「senam yang iyaiyalah」が、YouTubeチャンネル総再生回数500万回を突破するなど、インドネシアで人気だったのですが、だんだん来イされる機会が減ってきているようで残念です、特にジョコウィさんのモノマネはいつも大爆笑が起こります。

COWCOWさんに続いてテレビで活躍されているのはトリオのザ・スリーさんで最初はGO SHOWという番組からパフォーマンス中心だったのですが、ジャカルタの日本祭り「縁日祭」で「Tidak apa apa」という歌でブレイクしてきました、YouTubeで170万再生とCOWCOWさんのあたりまえ体操500万再生に続くブレイクで今後大注目です。

今は帰国中のようで、2011年9月以来5年ぶりに地上波で復活の『あらびき団』にCOWCOWさんと共に出演されていました。

COWCOWさんの新ネタ「Pamali Metal」、インドネシア語のネタもUPされていましたので来年はまた来イされる予感、とても楽しみです。

 

 

Tidak apa apa / The Three

ザ・スリーチャンネル

Pamali Metal
cowcowsenam

経済

 

NNAASIA

《インドネシア最新事情(上)》魅力増す消費市場

Bloomberg

インドとインドネシアが最も人気、2017年のアジア新興市場

アジア新興市場の債券や通貨、株式のうち、外需依存度が比較的小さいインドやインドネシアが2017年の投資対象として投資家やストラテジストに最も人気だ。

小売りの分野では、軒先の日用雑貨店や生鮮市場といった「伝統市場」からスーパー、コンビニなどの「近代小売店」へと出向く消費者が増えている、高価格帯製品の販売が増加していることから、品質で勝負する日本企業にとって商機が生まれている。

生産年齢人口が5割を超える「人口ボーナス期」が2030年まで続く見通しで中間所得者の拡大、

日経のアジアのヒット商品にも出ていましたが、高級即席面bakmimewahSARIROTI社のパンの不買運動など、

消費市場の飛躍的な拡大による影響によって現状は色々な問題が表面化してきているようです。

ビンタンもここ数年非常に豊かになったと感じますね、ジャカルタが特にそうかもしれません、バスや電車に乗っても昔のように危険は感じませんし、ジョグジャカルタに遊びに行ってみたのですが、本当に物価が安いなと感じます。

昔の中国の上海が今のジャカルタととても酷似していて、北京は中国でしたが上海は外国と感じました。

電車も今年の10月1日から、2000ルピアから3000ルピアへと50%値上げになり、それも問題なく受け入れられています。

経済

 

 

インドネシアの過激派、大みそかに警察襲撃を計画=警察

Alleged terrorists arrested in W. Java affiliated with JAD: Police

インドネシアではここ数週間、襲撃の摘発が続いており、地元育ちの過激派による攻撃への懸念が高まっている。警察は先週、ジャカルタの大統領府ともう1件別の場所での自爆攻撃を企てたとして少なくとも14人を調べていると語った。ともに女性の自爆犯が関与していたいう。

ここ数週間、テロ関係者が捕まっております、10万人の警察官らを配置し、年末年始の警備を強化されているようですが非常に不安ですね、残党による中途半端な被害で世界中にイスラム教怖いというイメージが広がるのが一番困ります。

経済

日経インドネシア「サンタ禁止令」に波紋

国家警察によると、ジャワ島中部のバンドンでも同じような事件があったという。事態を重くみた国家警察は19日、「宗教令は法律ではない」として、従うかどうかは個人の自由であるとの認識を示した。ジョコ大統領も事態を沈静化させるよう指示した。

ビンタンはあんまり宗教に関心なかったのですが、最近のデモ以降ジョコウィ大統領は民族や宗教の対立などで大変そうだと、とても感じます。

ジャカルタに来た時にイスティクラル・モスクに観光で行ったのですが、ガイドの人が「東南アジア三大モスクの一つ、設計者はクリスチャンで良い物に宗教は関係ない、建設したのはムスリム」

・インドネシアのモスクはたくさんあるが、
国営のモスクは存在しない、寄付などで建てられている

・直径45メートルのドーム、
・持ち上げて横に立てると独立記念塔 (モナス) と同じ高さ
・独立記念日の数字になぞらえて作られている。
・女性が説教をすることができない。
理由は女性が前に立つと、皆恥ずかしくなって、照れてしまうから。

ビンタンは説明を聞いて、9割のイスラム教は寛容な宗教なのだと感じたのです、最近のニュースをみると危ない感じしますね。

中国共産党のように統一するためには敵がいないといけないのかもしれません。

流行, 経済

最近「Om Telolet Om」オム・テロレット・オムという言葉ばかり聞いて、何でしょ?とGoogleで検索したのですが、「長距離バスが通る際にこの言葉を叫び、運転手にクラクションを鳴らしてもらうという子どもの遊び」とでてますね、中部ジャワ州ジュパラで行われていたのが発祥とされ、自分で試して動画を収めようと多くの人がジュパラに詰めかけているそうです、そして動画がたくさんあったのですが、非常に面白くないですね。

ビンタンがインドネシアに関係しているからよく目にするのかと思っていましたが、日本でも拡散していて、BBC放送や世界的に有名なDJが曲に取り入れたりして世界規模で拡散しているようで、Twitterのトレンド語の世界一番になっているようです。

PPAPの Pen-Pineapple-Apple-Pen(ペンパイナッポーアッポーペン)の時も思いましたが、「何それ」というのが今流行ってるのかもしれません、ビンタンは横浜の赤レンガ倉庫が出来た時に、通り道の大黒埠頭という所に改造車がたくさん並んでいる場所があって、内装を色々改造したり、車中にスピーカーがたくさん設置してあって自慢げに車内を開放してダンスしたりしているグループがたくさんいたのです、

ビンタンも「Om Telolet Om」オム・テロレット・オムって言って楽しんでいました(^_^;)

 

経済

 

Your Name: Japanese body-swap fantasy is China cinema hit

BBCニュースにも出ていました、『君の名は。』を見に行ってきました、なんか中国で大ヒットみたいですね、アニメを見に行く理由は語学の勉強目的が強かったのですが、12月初旬に封切られ5.34億元(約90億円)を記録し、同国で公開された日本映画として歴代興収の新記録を樹立したことが分かった。この結果は、『STAND BY MEドラえもん』の持っていた5.3億元を上回る記録となった。

ドラえもん抜きは凄いですね、映画の内容も良かったのですが、日本の四季や実在する場所が綺麗に描かれていて、海外の人が喜びそうな内容になっていました、これから世界85の国と地域での配給が決定していて、海外から人が押し寄せてきそうですね、ネットで検索しても聖地巡礼まとめなど、実在する場所やお店などが紹介されていて、行ってみたくなってしまいます、クールジャパン効果も高そうです。

クールジャパンはラーメンも重要ですがこういった映画にも力を入れて欲しいですね、日本に行ってみたいというコンテンツは非常に国益になると思います。

BBCニュースにも少子化とありますが、日本は過去最高に和食とコンテンツを輸出していて、興味を持った人たちが日本に来ているのですが、泊まる場所がない状況ですね。

ビンタンがはじめてロサンゼルスに行った時は、近くにダイ・ハードに出ていたビルがあったので見に行ったのですよね、映画のロケ地などは実際に行ってみたい気持ちになります。

 

 

 

経済

昨日、今日と大使館からのテロ注意メールが多いです。

ちょうど去年も12月に数名捕まっていたので、ビンタンはカウントダウンイベントには出席しないで家に待機していたのです、結果的には何も起こらなかったのですが、1月になって残党によるテロが起こってしまいました。

去年よりも捕まっている人数が多いので、また何かあるかもしれません、イベントは参加しないように気をつけたいと思います、何か爆発などが起こっって、集まってきた人を対象に二回目のテロが起こるようですので非常に怖いですね。

****日本大使館より

●12月に入り、インドネシアでは大統領宮殿に対する自爆テロ未遂事件や、南タンゲランにおける爆弾発見及び犯人射殺などの事案が発生しております。クリスマスや年末年始に向けて、引き続きテロへの警戒が必要です。
●警察関連施設には極力近づかないようにするとともに、不審な物・人物や状況を察知した場合には、速やかにその場を離れる等、安全確保に十分注意を払ってください。
●インドネシア国外においても、同様に注意が必要です。

インドネシアにお住まいの皆様および旅行者の皆様へ
平成28年12月22日(大16第58号)
在インドネシア大使館

1.12月に入り、インドネシアでは複数のテロ未遂事件が発生しております。具体的には11日の大統領宮殿における大統領警護隊交代式を狙った自爆テロ未遂事件(交代式前日の10日に容疑者4名を逮捕)、21日には南タンゲラン市において、テロリストによる爆弾が発見され、犯人グループが手製爆弾を投げて抵抗し、3人が射殺されました(1名逮捕)。また、これらテロ計画に関わっていたとして10名以上の容疑者が各地で逮捕されています。
特に南タンゲラン市の事案に関しては、ジャカルタ警視庁本部長は「彼らはクリスマスから新年の間に、警察に対する自爆テロ攻撃を計画していた」旨述べております。

2.警察当局によるテロリストの摘発が続いていますが、未だ潜伏しているテロリストがクリスマスや年末年始の時期を狙ってテロを企図している可能性が排除されません。
つきましては、当館からの随時お知らせの通り、引き続きテロに対する警戒を怠らないようにして下さい。
特に、これまでインドネシアでは警察関連施設を狙ったテロ(未遂を含む)が複数回発生していることから、これら施設には極力近づかないようにするとともに、その他テロの標的となりやすい場所(宗教関連施設(寺院・教会等)、デパートや市場等不特定多数が集まる場所、公共交通機関、ホテルなどの宿泊施設、ビーチ等のリゾート施設、観光施設、政府・軍関係施設、欧米関連施設等)を訪れる際には、周囲の状況に注意を払い、不審な物・人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等、安全確保に十分注意を払ってください。

3.また、インドネシア以外の国においても、12月18日にはヨルダンで観光地を狙ったテロ事件が発生し外国人観光客ら10人が死亡したほか、19日にはドイツでクリスマスマーケットにトラックが突っ込み12人が死亡する事件が発生しています(本件はテロの疑いが濃厚として捜査中です)。
日本外務省は年末年始のイベント等を狙ったテロが懸念されるとして、次の通り海外安全情報(広域情報:年末年始のテロに対する注意喚起と「たびレジ」登録のお願い)を発出しております。
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C344.html
こちらも是非ご一読いただくとともに、短期海外旅行(日本を除く)の際には「たびレジ」への登録を必ず実施して下さい。
(たびレジの登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/