流行, 生活, 経済

「TGC Night in JAKARTA 2017 produced by TOKYO GIRLS COLLECTION」

 

フジテレビ及び株式会社フジクリエイティブコーポレーションは総務省の放送コンテンツ海外展開総合支援事業の一環で、インドネシア最大のメディアコングロマリットであるMedia Nusantara Citraグループ傘下のテレビ局Global TVで放送している現地若年層に向けたオリジナル番組『KAWAII-JEPANG』を共同で制作してきました。この番組とのプロモーション連携により本イベントの実現に至りました。
「TGC Night in JAKARTA 2017」を通じて、ジャカルタの若い女性に日本のリアルなガールズカルチャーを紹介することで、エンターテインメントの“ソフトパワー”を活用したファッション、ビューティー関連ビジネスのインドネシア進出を後押ししていきます。

JKT48からはShani Indira NatioちゃんとJessica Verandaちゃんがでていました、

鹿沼憂妃、香川沙耶ら美脚全開 JKT48も登場でジャカルタ熱狂

モデルさん真っ白ですね、ビンタンは華僑系のインドネシアの人が白い肌なのかと思っていたのですが、真っ白なインドネシアの友人と一緒にいた時に、友人の弟が後から来たのですが、真っ黒で、ちょっとビックリしてしまったら、「弟の黒、hitam」ですと紹介された時がありました。

ジャカルタ5年目のビンタンは、最近スカートの子が多くなったなと感じますね、オシャレな子はカラーコンタクトもしてますし、化粧品も日本の化粧品は人気で、日本に帰国すると買ってきて欲しいなどと頼まれることもあります。

 

 

流行, 生活, 経済

日イ共同制作番組「ジャパントリー」第2弾の放送が、8日からジャカルタのローカルテレビ局、ジャックTVで始まる。放映時間は、毎週日曜午後7時半から1時間で、8回にわたって放送される。日イの俳優が共演する新作ドラマとアイドルグループJKT48が日本各地を巡る文化体験番組が目玉で、放送コンテンツを通じて日イ友好関係を促進する。

ジャカルタ新聞

Secret Sky

人気女優のキンバリー・ライダーさんとタレントの武井壮さん、若手俳優の柿本光太郎さんと紺野真さんが出演。

JakTV Japantry

 

JKT48の影響もあるかもしれませんが、去年のジャカルタはトラベルフェアがとても多かったのですよね、HISとJKT48の「Tokyo Trip」はJKT48のメンバーにお金を渡して実際に買い物をしてもらってジャカルタの若者が何を買うのかという企画がとても面白かったです。

市内にHISの支店が増えたなと思っていたのですが、市内周辺で11支店になっていました。http://www.his-jkt.com/

 

16年訪日客、2400万人=4年連続で過去最高―石井国交相

官民連携で海外事業の推進を行っていて、インドネシアは訪日客数の伸び率がダントツになっています。



 

wisata kuliner, 生活, 経済

インドネシア発(初)のプレミアムなギフトを作りたい!

本日、ビンタンが日経を読んでいるとインドネシアのお土産の記事があり「DORE by LeTAO」の名前がありました、このお店、オープンの日に行ったことありました、ちょうど2月14日で日系のお店でバレンタインのチョコでも売っているのかと覗いてみたのです。ケーキとビスケットなどだったので写真しか撮らなかったのですが、 LeTAOは東証一部、寿スピリッツの会社なのです。

ビンタンはケーキを何個販売したら東証一部になるのでしょ?と色々調べたのですが、お土産をメインに販売していて、「中国人の爆買い」以降、外国からの訪日客数増加と共に急成長されていました。

寿スピリッツ(株)

ちょうど今年の3月にシャトレーゼ、ジャカルタに1号店開店の予定で、シャトレーゼは日本からの冷凍輸入、「DORE by LeTAO」はインドネシアで生産日本のブランドで販売、

インドネシア発のギフト商品を作りたいという思いで作った会社だからです。歴史的にインドネシアはカカオやコーヒー、ココナッツやコショウなどの原材料が豊富で、あの世界初の株式会社として有名なオランダ東インド会社のアジア拠点もジャカルタに作られたほどです。

すでにSENOPATI通りのチョコレート屋さんは高級化⇒インドネシア発のプレミアムが成功し店舗拡大が進んでいますし、非常に面白いことだと思います。

ジャカルタケーキバトルがはじまりそうです。

 

流行, 生活, 経済

中国の外貨準備高 2年連続で大幅に減少

世界一の規模となっている中国の外貨準備高は、海外への資金の流出を背景にした人民元のドルに対する急激な値下がりを食い止めるため、当局が市場介入を積極的に行ったことなどから、去年末の時点で3兆105億ドルとなり、2年連続で大幅に減少しました。

インドネシアはアメリカと中国の影響をとても受けるので、ビンタンはニュースをよく見るようにしているのですが、中国の資金流出は去年一度止まって、また流出が始まったという感じですね、前半まで景気が悪かったが、後半持ち直して今は景気が良くなってきている認識です。

米大統領選でトランプ候補が勝利してから、米ドルが買われ⇒米ドル独歩高。

債券価格が急落、金利の急上昇が起きているので、米ドルで計算をすれば日本の次に米国債を取得している中国の外貨準備は大幅に減ります。

米ドル以外の価値の下落、米国債の下落の影響などもとても大きな要素になっていると考えます。

問題になっているのは元安、米ドル独歩高に乗っかって資産を殖やそうとしている人たちの影響で、最近ニュースになっていたのがビットコインで急上昇していたのです、

今年に入って中国当局が資本規制の対象を個人レベルまで強化

ビットコインが急落 人民元上昇で「パニック売り」 

日経 2017/1/6 12:03

投資商品が少ない中国では、個人を中心にビットコインを買う動きが広がっていた。特に昨秋の米大統領選後のドル高・人民元安以降、リスク回避から人民元で購入したビットコインをドルなどの外貨に換える個人が増えていた。中国の取引シェアは世界の9割を占めるとされる。

今週の人民元、ビットコインの動きに注目していきたいと思います。

 

wisata kuliner, 流行, 生活

ビンタンが気になっていた池袋パルコ【君の名は。カフェ】

 カフェ列には多くのお客様がお越しいただき、整理券を配らせて頂いております。 カフェは7Fなのですが、最後尾列が3Fまで伸びております。

今から整理券を受け取られますと6時間後のお呼び出しご案内予定となります。

tweetを見て笑ってしまいましたね、しばらく話題のカフェになりそうです。

ビンタンも本日は衝動買いでNESPRESSOマシーンを買ってしまいました、フォームミルクも作れて気に入ったのですが、カプセルが高いですね、COFFEE CAPSULES

日本でも高いと思っていますが、気軽に飲めませんねコーヒー豆の生産地で高くて回転の悪いカプセル買っても美味しくないと思うのですよね、コーヒー豆は焙煎後、1週間で飲みきるのが美味しい飲み方かと思います。

アマゾンで発見しました、【2016第二世代最新バージョン】Nespresso ネスプレッソコーヒー用 互換空カプセル

コーヒーの挽き方、粉の詰め方、タンピングにコツがいるが、美味しエスプレッソがのめました。
付属のスプーンすりきり一杯を入れて、付属のスプーンのお尻でタンピングするとうまくいきます。

中国から届くそうですが、これで上手く抽出できなければ、ビンタンはしばらくホットミルクの生活になってしまいます。

 

 

流行, 生活, 経済

 

訪日35万人時代へ 「一生に一度」から「年に一度」に JNTO 冨岡秀樹ジャカルタ事務所所長に聞く (2017年01月06日)

じゃかるた新聞

インドネシアの海外旅行客数は年間800万人前後で横ばい状況。

閑散期とされる11月は54・3%と驚異的な伸び率を記録し23万人を超え、12月を合わせると前年の3割強増の27万人に達する勢いだ

ビンタンも去年の11月のデータは、落ち込みのする月に関わらず54.3%UPで伸び率世界1位、通貨ルピアがとても弱い期間だったので驚きでした、海外旅行客数が増えていないのでしたら日本のコンテンツが強いからですよね。

 

君の名は。カフェ@池袋パルコ

本日から池袋パルコでYour Name Cafe開店ですが、全て中国語に翻訳されてます、反応がとても楽しみです、第二のロスト・イン・トランスレーション ですね。

1月4日より韓国での公開が始まった新海誠の監督作「君の名は。」が、初日に興行収入1億円を突破し、動員13万人を記録。興行収入、動員ともに1位スタートを切った。

日本映画が韓国の映画ランキングで第1位となるのは2004年の「ハウルの動く城」以来13年ぶりとなり、日本、台湾、タイ、香港、中国に続きアジアで6冠を達成した。

Makoto Shinkai監督すごいですよ。

流行, 生活, 経済

 

駐在員向けコワーキングスペースがジャカルタにオープン!Walkersインドネシア

先日、秋田県に本社を置くwebサーバー管理業『エスツー』が、ジャカルタ市内でコワーキングスペースをオープンさせました。

秋田のサーバー会社がジャカルタで共用オフィス運営へ 漫画1万冊カフェも秋田経済新聞の記事

そういえばビンタンはここに行ったことありました、漫画喫茶がオープンしたとの噂があって、ちょうど雨が降ったので食事できればと思って行ってみたのです、日清のカップラーメンしかなかったのですが、結構前です(^_^;)

写真も残っていたのでUPしてみます、会社の名前も複数出ていたのでcrosscoopのようなレンタルスペースで会社の登記もできるのではないでしょうか、空きスペースを一般に開放しますよという事だと思います。

漫画を読む、勉強や仕事をする、イベントを開催する、というだけでなく、たとえば文化交流会や日本文化の紹介などが自然発生的にできるような場になればいいなと思っています。
まずは利用者を増やしていきたいと考えています。

BlockMやグランドインドネシアと違って気軽に寄れる場所ではなく、普通のオフィスビルに入っているのでイベントには良い場所と思いますが、集客見込めるのかとても気になります、受付のお姉さんは日本語がとても上手でした。

 

肝心の無線の速度なのですが問題なしでした。

生活

 

ビンタンのジャカルタ生活で引越しを何回かしたのですが、一番困ったことはアリが毎回出てきて困りました、25階に住んでいた時も出てきて、どうやって登ってきたんですか?と思うのですがビンタンの周りにも困っている人が多かったのです。

ビンタンは基本的に料理しないので家に食べ物がない状況なのですが、黒いアリではなく、茶褐色の小さいタイプのアリは肉食で、足に激痛が走ると思ってよく見るとアリだった、など生活でとても困ります。

ジャカルタにはACEという大手ホームセンターがあります、アリ駆除用のエサを買ってきたのですが、全く効果ないのです、逆に害のない黒いアリまで集まってきてしまい頭にきてしまいました。

最終的に効果を発揮したのがHITという蚊よけスプレーです。

これはとても効果があります、一度シューっとすれば全く来なくなります、アリの通り道を辿っていって、巣のような場所に数秒間吹き込んでしまえば一発ですね、窓の外で巣がわからない場合は通り道一体に吹きかけておけば一定期間来なくなります。

シンガポールに「アリメツ」というのもあるようで、それも効果があるようですが、引越し業者さんによると、ジャカルタに引越しする際は、日本製の「アリの巣ころり」等を持参するように!というアドバイスもあるそうです。

 

経済

インドネシアの通関はアジアで最も悪いようで、JETROのセミナーでも通関が問題ランキングに入ってくるのはこの国だけとの事。

電気製品は高いということで、ビンタンの知り合いの駐在員さんはギターやアンプなどを日本から送ったら関税が20万円だったと驚いておりました、

ビンタンも最初はわからなかったので安全で早いという理由でDHLにしてしまったのですが、インドネシアの友人宛に送ったので数千円ですみました。

ビンタンの周りの人から聞いた関税を安く日本から荷物を送る方法

1、VALUE(金銭的価値)の欄には低めに記入する。

2、送り先の宛名をインドネシアの人宛にする。

3、高い運送業者を使わない、EMSなどにする。

4、あまり重要でないものは船便で送る。

どうやら関税は担当者の主観で決まるようです、ビンタンの荷物も中古の衣類などが大半で、売れるようなものが全くないので関税はかからないだろうなと思っていたのです、基準になるようなものは無いようです。

日本人の名前や高級なアパートへの宛先など、高価なものだと思われると高くなってしまうようです。

電気製品でも外付けハードディスクなど、ストレージ関係はインドネシアで購入するほうが安い場合もありますので、為替や日本での価格を調べておくことをお勧めします。

 

流行, 経済

インドネシアの電気製品は税率が高く、日本から運んだ場合が安いのです。

ビンタンはデジカメを新しく購入したいと楽天の初売りを調べていたのですが、ニコンダイレクトの福袋は200万円があって売り切れていたので驚きですね(^_^;)

4年前まで使っていた物の最新の機種を調べてみたのですが、全く性能が変わってなかったですね、16M~20Mピクセルでデジカメのレンズに入る画素数は限界で画質を重視すると16Mピクセル以下に抑えているものまでありました。

今はWIFIに接続して撮影したら同時にスマホに転送される機能や美白に撮れたり、動画の編集ソフトなど、他の機能を売りにして新製品として販売しているようです。

気になって去年購入したビンタンのノートパソコンも調べてみたのですが、これもそんなに性能変わらずなんです、ムーアの法則というのがあるようなんですが、CPUの性能が2014年からそんなに向上していないようです。

ムーアの法則は、「18~24カ月に1度、半導体の性能は倍になる」という、Intelの共同創業者の1人であるゴードン・ムーア氏が提唱した経済法則。より平易に言うのであれば、約2年に1度、半導体メーカーがより微細化した新しいプロセスルールを導入し、半導体の1つのダイに詰め込める回路数が概ね倍(イコールではないが、性能が倍になるのとほぼ同じ)になるため、それに備えて製品設計をすべきだ、という意味になる。