ジャカルタ 映画 nonton film

2016年12月29日

映画 nonton film

インドネシアには3つの上映会社があります

CINEMA 21

CGV blitz PT Graha Layar Prima Tbk.

bed2

cinemaxx リッポーグループ

現在上場会社は1社のみCGV blitz は他の映画館より変わっていて、日本では見たことないベッドでシアターを鑑賞できます。

インドネシアは2016年06月「投資ネガティブリスト」の改定により映画製作、上映、配給などを100%外資に開放し、今後経済の発展と共に急速に伸びて行く市場と思われます。

インドネシアで知っていると話題になったり、歴史がわかる映画をご紹介します。

ムルデカ17805

merdeka17805

インドネシアは親日の国と紹介されますが、どうして親日なのかはあまり紹介されません。

第二次大戦で日本が敗戦した後、インドネシア独立のために戦った「元残留日本兵」の最後の一人、東ジャワ州バトゥ市在住の小野盛さん(おの さかり、インドネシア名=ラフマット)が2014年8月25日午前5時50分、同州マラン市内の病院で亡くなった。

カリバタ英雄墓地

多くの日本人がインドネシア独立の英雄としてこの墓地に埋葬されています。

[mappress mapid=”6″]

 

 

THE RAID

theraid1

インドネシアには武術プンチャック・シラットというのがあります、警察の特殊部隊にシラットの名手がいて活躍するお話なのですが、セリフが全然なく、アクションがひたすら続きます、インドネシア語がわからなくても楽しめる映画です。

ハイスピードで繰り広げられたインドネシア武術プンチャック・シラット。歴史上、オランダによる過酷な植民地政策や、日本の軍政を経験し、終戦後のインドネシア独立戦争で勝利を勝ち取ったインドネシア。その基盤ともなり、インドネシアの男たちが生き残るために身につけた殺人格闘技。

ハリウッドでも高評価され、リメイク版が作られているそうです。

・Laskar Pelangi

laskar-pelangi

『虹の少年たち(原題:LASKAR PELANGI)』は、インドネシア国内で500万部超という大ヒット作で2億人を超える人口のうち、小説を読むのはミドルクラス以上というインドネシアでは、通常なら2万部を超えたら大ベストセラーであり驚異的なヒット作品。

インドネシアの友人は皆知っていて、ビンタンもココに行ってみたい、ジャカルタから飛行機で50分、映画の舞台ブリトゥン島という島に行ってみました、往復1万円以内で行けますし、まだ観光地化されていないので非常にお勧めの島です。

lamptower

 

今デモで話題のアホック知事の出身地です。

 

スポンサーリンク

Posted by ビンタン