ジャカルタ New Year celebration leaves behind 225 tons of garbage

 

Thejakartapost

New Year celebration leaves behind 225 tons of garbage

ジャカルタ新聞
新年を皆で祝おう 目抜き通りやアンチョール 州政府がイベント企画

テーマは「私たちは皆、兄弟」で、3億4千万ルピアをかけ、花火や音楽ライブなどで新年を迎える。

225トンのゴミって凄いですね、2年前はsudirman通りのホテルを取ったのですがビンタンはどこにも行かなくなってしまいました。

ホテルインドネシアKempinskiのプールのフロアは無料で入場できて、バーからメインの噴水を見下ろせるのでカウントダウンで集まった人たちが賑わっているのをビールを飲みながら眺め、花火も綺麗に見れるのでとてもお勧めです。

 

スポンサーリンク