ジャカルタの広告

2016年12月29日

最近、広告が紙からデジタル・サイネージに変わったと感じることが多いです、今年からだと思いますが、電車やバスにまで設置されています。

ビンタンがジャカルタに来た時は電車の上に人がたくさん乗っていて、バスも旧型のバスで車内が見えないので、公共の乗り物は「ちょっとレベルが高い乗り物」と思っていたのですが、今は全く危険な感じがしません、全て電子マネーが使えるようになっていて、専用レーンを走るので夜以外は積極的に使っています。

KRLジャボタベック

2014年6月より1日623本の運用が1日に822本に大増発が行われ、今年の10月1日から、2000ルピアから3000ルピアへと50%値上げになりました。

JAKARTA, KOMPAS.com Tarif kereta rel listrik (KRL) Jabodetabekmulai 1 Oktober 2016 naik Rp 1.000. Kenaikan tarif itu

1日の乗客数は88万6000人弱であり、2013年の約43万1000人と比較すると急激に数が増えているそうです。3年で2倍以上のペースで増えているので、今後も広告市場には資金が集まりそうです。

bis

 

kereta

インドネシア住みます芸人 Akira Continental Feverさん

スポンサーリンク

経済

Posted by ビンタン