経済

bottle

懐かしの1リットルボトル
昔、自動販売機で売っていたんですよね、
「ガラガラ、ガッシャーン」って出てきたんです
160円で瓶を返却すると30円返してくれるシステムがあったのです。

ビンタンはお小遣いを貰って駄菓子屋さんに行くと、
幸せの「ポートフォリオ」を組んでいたのです、
1リットルのジュースを買えば、瓶の返却代30円返してくれて実質130円⇒割安
(当時は250MLサイズが標準でとても大きく感じた)

今のジャカルタと似ていて、とてもインフレていたので、1リットル160円から220円に急騰
森永ハイチュウも50円⇒60円⇒100円⇒割高
ビンタンの「ポートフォリオ」は「5円チョコ」の割合が多くなっていったのでした。

大人たちは「昔は良かった」というのが流行していて
ビンタンも「そうよねぇ」と思っていたのです。

今の日本も新しいタイプのインフレ?(中身の容量が減っていたり、インフレの悪影響とは、モノの価格が上昇することで、実質的な購買力が減ることから発生する、モノの価格が上昇しなくても、収入が減ってしまえば、実質的な購買力が減るのでこういう新しい姿の実質的なインフレ)が進んでいて、


小さい子に「昔は良かった?」って聞くと
「そうよねぇ」って返ってくる気がする。

経済

最近、広告が紙からデジタル・サイネージに変わったと感じることが多いです、今年からだと思いますが、電車やバスにまで設置されています。

ビンタンがジャカルタに来た時は電車の上に人がたくさん乗っていて、バスも旧型のバスで車内が見えないので、公共の乗り物は「ちょっとレベルが高い乗り物」と思っていたのですが、今は全く危険な感じがしません、全て電子マネーが使えるようになっていて、専用レーンを走るので夜以外は積極的に使っています。

KRLジャボタベック

2014年6月より1日623本の運用が1日に822本に大増発が行われ、今年の10月1日から、2000ルピアから3000ルピアへと50%値上げになりました。

JAKARTA, KOMPAS.com Tarif kereta rel listrik (KRL) Jabodetabekmulai 1 Oktober 2016 naik Rp 1.000. Kenaikan tarif itu

1日の乗客数は88万6000人弱であり、2013年の約43万1000人と比較すると急激に数が増えているそうです。3年で2倍以上のペースで増えているので、今後も広告市場には資金が集まりそうです。

bis

 

kereta

インドネシア住みます芸人 Akira Continental Feverさん

経済

 

POPBOX

最近モールやコンビニなどでPOPBOXというコインロッカーのような物をよく見かけます、オンラインショッピングが人気なのは知っていましたが、皆オフィスや家の管理する場所に届けるので需要があるのかと思っていました、

返品する場合も使えるようです。

https://www.popbox.asia/

http://pr.popbox.asia/lazada

popbox

経済

demosi

本日は会社が早く終わったみたいですが、凄いですね。